読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

覚書

知られていない人や作品を紹介したいです。

小さな襤褸の瞳

黄昏の鐘の音がしみわたつている

あの枯芝をいだくように
垂れている 水仙の葉にも
あなたの息子はと言えば

あんなに雪が囁きかけている

今宵 ふと讃美歌をうたう
母の刺繍の針にも肖た
光が またもつき刺さつてくる

ぼくの疾む脳髓を軋りながら

坂をのぼつてゆくリヤカーの
柩の中にみちあふれていた
室咲きの花々がのこしていつた

足あとがいきいきと匂つてくる

この凍てついた牢屋(ひとや)のともしびを
白い突風が 一瞬 消していつた
雪の虚空に まだ揺れているような

老いた祈りの手よ

人見勇詩集『襤褸聖母』より